« 天神山のウィンター・スウィート | トップページ | 曲面絵画 »

2012年2月26日 (日)

人形浄瑠璃・芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)

人形浄瑠璃・芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)
天神山。
昼過ぎは霰。
地面に落ちて、消える。
先日の雪と昨夜の小雨で、地面はぬかるんでいる。
ピーちゃんにパンをあげた後、しばらく新聞を読む。
するとピーちゃん達が
「ピーピーギュィーギュィー」
と騒がしい。

内容は
「誰?誰?見たことないよ。誰?誰?」

家の窓から外を見る。
石碑のところをキツネが歩いている。
天神山ではあまりキツネを見かけることはない。
餌を探してか何処からか迷い込んだような感じだ。
ピーちゃん家族、
「ピィーピィーピィー
みんなで道案内をしている様。
程なく、天神山を越え、比叡山に戻ったようだ。

天神山にキツネ。
上方落語には「天神山」と言う綺麗なお噺しがある。
芦屋道満大内鑑「葛の葉」をモデルとしたお噺し。
「恋しくば
尋ね来てみよ南なる
天神山の森の中まで」
ある春の日のお噺しである。

|

« 天神山のウィンター・スウィート | トップページ | 曲面絵画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193181/44271778

この記事へのトラックバック一覧です: 人形浄瑠璃・芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ):

« 天神山のウィンター・スウィート | トップページ | 曲面絵画 »