« 通尾天神山掃除 | トップページ | 職人技 »

2012年1月 7日 (土)

春の苦味

七草粥。
一年の無病息災を願って食すとされるが、
正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

これを食する1月7日は、
五節句のひとつ「人日の節句」にあたる。
人日とは文字通り「人の日」という意味である。
中国の前漢の時代に、
元日は鶏、
2日は狗(犬)、
3日は猪、
4日は羊、
5日は牛、
6日は馬、
7日は人の日として、それぞれの占いをたて、
8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来する。
さらに唐の時代には、
人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」
という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、
無病息災を願うようになったとされる。

天神山には残念ながら春の七草すべては生えていない。
生えてるのは「はこべ」だけである。
だから、七草粥は七種の菜ということで、
どんな菜でも良かったのを理由に、
松風庵ではスズナ(蕪)やスズシロ(大根)を主に作ったりしていた。
しかし、最近は手軽にスーパーで七草セットを買うことができる。
ほろ苦い七種の菜の粥に、松風庵では丸餅を入れる。
苦味がほんの少しまろやかになる。

新春を迎え、これから芽吹く菜は、
ふきのとう、タラの芽、山うど、ぜんまい、わらび、筍など、
春の菜には苦味のあるものが多い。
「春の皿には苦味を盛れ」
古来より言われる。
この苦味が体内から毒素を出し、
冬に新陳代謝の悪くなった身体を回復させるのに一役買っているのである。

旬の物を食す。
ただそれだけのことが、一番身体に良い。
しかし、ほとんどの物が年中手に入る昨今では、
いつが旬かわからない物が多い。
そこは天神山。
春の若芽は自然の恵みを頂くことが出来る。
ただし、鹿、猪、猿との争奪戦に勝たないといけないが。

|

« 通尾天神山掃除 | トップページ | 職人技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の苦味:

« 通尾天神山掃除 | トップページ | 職人技 »