« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月

2011年3月20日 (日)

復興財源

復興財源として、
まずは、いままで誰も受取に行かなかった、「宝くじの当選金」が数億円あるはずだ。
これを全て当てられないだろうか。
その次に、戦後の自民党時代に、政治家と官僚で作りあげたいまの国家借金1000兆円。
その陰でちょろまかした裏金をそっくりそのまま当ててもらおう。

その後での増税ならば、納得もいく。
つまり、増税されてもそれが被災地域にいくとは限らないからだ。
「復興支援」を謡い文句にして増税を提案する政党が出てくるはずだ。
しかし、そこには「復興支援」を隠れ蓑にして私腹を肥やす輩がいる。
消費税導入時がそうだ。
消費税は福祉関係に宛てると公言して導入したものの、いまやその税がどこに回ってるかもわからない。

復興支援のための増税は、
「この品物を買えば、その何%かが被災地域に回る」
と、明確にして欲しい。
そのための増税ならば喜んで受けよう。

それまでは「善意の募金」を本当の「善意」として送り続けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

覚悟できているか

前代未聞の大震災で、何かしなければと心を痛めている方は少なくないだろう。
ボランティアとして行きたい方もいるだろうが、今の段階では専門的な知識や技術がなければかえって足手まといになりかねない。
いま出来ることは募金だ。
しかし、何とかしなければと思う人に、今後の増税は覚悟できているだろうか?
まさか、有志のボランティアと、善意の募金だけで、都市が復興すると思ってないだろうか?

何の災害もなくても今年末には借金が1000兆円に届こうかと言う赤字大国である。
1000兆円と言えば、国民総預金に匹敵する。
つまり国家破綻の危機を迎えている国である。
そんな国が、いくつもの都市を元に戻すのである。
それが募金だけでまかなえるはずがない。

子供手当廃止、高速道路無料化白紙、消費税値上げなど、あらゆる増税を受け入れなければならない。
元々は戦後から現在の民主党になるまでの間の、自民党の無駄遣いが発端ではあるが、「復興支援」を突き付けられれば、黙るより他はない。

何とかしなければ!と思う人は、増税を受け入れる覚悟もしておかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

日本人で良かった

日本人のモラルに世界が驚き
http://n.m.livedoor.com/f/c/5410078


この内容もですが、
世界の目から見れば、
「日本のいままでの経験が、多くの命を救ったのだ」
と称賛されている。

世界最大級の地震で1万人以上と予想される犠牲者は少ないとは言えない。
だが、
同じ規模で、
スマトラ沖地震、
ハイチでの地震では、
それぞれ22万人もの犠牲者が出ている。

過去の教訓を活かし、犠牲者の命を無駄にしなかったことが日本に活きている。
改めてこの地震、さらには過去の災害で命を落とされた方々に哀悼の意を表したい。

また
「日本はこんなもんでは終わらない。必ず復興してくる。」
とし、円高ドル安を予測していると言う。

BBCの報道では
地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。その力や政府が試される。犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力がある。


国連からは
日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。


世界はちゃんと見ている。
三陸沖、茨城沖、中越、での地震被災関係者だけでなく、日本人全てを見ていてくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »